私たち人間が薬を服用する場合、水やお湯と一緒に服用するのが一般的。

昔と違い現代は1錠が小さくて、すごく飲みやすいのですが、ペットのワンちゃんの場合は少し事情が違うために、飼い主さんが工夫をして薬を投与することが重要になります。

獣医師の話によると、フロリネフ(0.01mg)を1日に2回復用させてくださいという話を受けていました。
これはあくまでもうちのワンちゃん(コーギー:)の話で、犬の種類や体重、年齢で薬の摂取量は異なります。

そして、先生の話では、
「エサと一緒に薬は投与しないでください」という話を受けました。

これは、エサと薬を一緒に与えると、食べなくなるおそれがあるからだそうです。
そのために、エサを食べたあとに、別のエサ(おやつのミーフード)と一緒に薬を与えるようにしています。

犬によっては、薬の粉のまわりのコーティングを嫌い、食べないケースもあるために、ミートフードの中に薬を入れてから、投与させるのも一つの手段だと思うし、やわらかいチーズやパンもいいかと思います。

どうしても食べないデリケートなワンちゃんもいるそうなので、そんな場合は、薬を細かく粉状にして、別のエサと混ぜてから与えるようにしましょう。