何はともあれ、ペットのワンちゃんの健康を考えると、なんといってもワクチンと健康診断は大切ですね。

人間の場合は、普段の症状とは違うことに気づくと、自分なりの行動や症状を訴えることができると思います。でも、ペットの場合は、ケガをしても、自分で訴えられない。

そのために、事前か防げる部分は防げることが重要になるために、ワクチンを利用するのもひとつの手段です。

何かが起こってからでは遅いために、事前から予防対策をおこなっておくこと。
ワクチンで防げる病気としては、
「ウイルス性鼻気管炎、ウイルス感染症、クラミジア感染症、白血球減少症、ウイルス感染症、免疫不全ウイルス感染症」などの感染症です。

ワクチンにかかる費用は病院により微妙にことなりますが、一般的には5000~6000円くらいだと言われています。

犬は病気になっても自分で訴えることはできません。
それだおころか、具合がわるいのを隠そうとするケースも有ります。

弱っているところを敵に見つかると襲われるという野生の本能が働いて、隠そうとするのです。

だから飼い主が気づくのは、病気が悪化してからがほとんど。早く気付けば治療できた病気でも、手のうちようがない状態まで進行していることも多いです。

こういった理由から、定期的な健康診断で病気を早期発見することが大切になります。
目安は7までは一年に一回、7歳を過ぎてからは半年に一回のペースでワクチンを打つこと。