犬の不調に気づくこと

公開日: : 最終更新日:2015/05/13 未分類 ,

毎日のように一緒に暮らしている犬、普段とは違う症状に気づいたら、すぐ病院に連れて行くことが大切。

アジソン病の症状としては「無気力、食欲の損失、嘔吐、下痢」などが見られます。
ただし、このような症状が起こったとしても、他の病気が関係する場合もあるために、素人の判断ではなく、まずは動物病院で検査を受けることが重要です。

動物の健康を守れるのはまず飼い主の判断が鍵。
犬が病気やケガをした時、そばにいる飼い主さんがなるべく早く異変に気づいてあげることが大切になると思います。

どこに注目すればよいのかとういう状態は危険なのか、知っておくことも大切です。

犬は具合が悪い時でも、その素振りは見せないこともあります。
自然の動物特有のもので、自分が弱いところを見せることで、襲われる危険性があると反応し、強がってしまいます。

そのために、病気のサインは体のいろいろな部分に現れているために、普段とは違った異変に気づいたら、病院に連れて行って治療してもらうこと。

たとえば、目ヤニや耳アカが以上に出ていたり、鼻水が出ているのも異錠の一つです。
全身を触ってしこりがないかを確認したり、お腹が晴れていないかチェックする。

このちょっとした事ですが、やるかやらないかで、犬の健康管理をある程度把握することができるために、できることなら毎日のように行いたいもの。

関連記事

no image

犬の健康のためにワクチンは大切

何はともあれ、ペットのワンちゃんの健康を考えると、なんといってもワクチンと健康診断は大切ですね。

記事を読む

no image

フロリネルの運営サイトについて

ワンちゃんのことはどうしてもわからない部分があります。 そのために、そのままにしておくと、大き

記事を読む

no image

人間は良くても犬には危険な食べ物とは?

私たち人間にとっては美味しく食べることができ、健康的と言われている食べ物も、犬や動物が食べることで、

記事を読む

no image

7歳下らは老犬の仲間入り

人間の年齢と違い、犬は7歳になると、もう老犬期に突入します。 見た目では全然わかりませんが、人間で

記事を読む

no image

犬から人間に感染する病気

ワンちゃんと一緒に楽しく、そして健康に暮らすために、人に移る病気もあることをある程度理解しておきまし

記事を読む

no image

フロリネフの副作用に下痢、吐き気などが起こる可能性も

犬の病気の一つである慢性副腎不全であるアジソン病を抑えてくれるフロリネフ。 あくまでも、フロリ

記事を読む

no image

犬のフロリネフを個人輸入で購入

トップ・ページで説明をしをたように、フロリネフの価格は一般的な薬と比較して高いように思います。

記事を読む

no image

犬を病院への連れて行く時

「うちのワンちゃんは病院嫌いで・・・」という飼い主さんも多いと思います。 でも、病院に行くのが嫌い

記事を読む

no image

フロリネフの使用方法、犬の薬のあたえ方

私たち人間が薬を服用する場合、水やお湯と一緒に服用するのが一般的。 昔と違い現代は1錠が小さく

記事を読む

no image
7歳下らは老犬の仲間入り

人間の年齢と違い、犬は7歳になると、もう老犬期に突入します。 見た目

no image
犬から人間に感染する病気

ワンちゃんと一緒に楽しく、そして健康に暮らすために、人に移る病気もある

no image
犬を病院への連れて行く時

「うちのワンちゃんは病院嫌いで・・・」という飼い主さんも多いと思います

no image
犬の不調に気づくこと

毎日のように一緒に暮らしている犬、普段とは違う症状に気づいたら、すぐ病

no image
人間は良くても犬には危険な食べ物とは?

私たち人間にとっては美味しく食べることができ、健康的と言われている食べ

→もっと見る


  • ↑フロリネフの購入について

PAGE TOP ↑