毎日のように一緒に暮らしている犬、普段とは違う症状に気づいたら、すぐ病院に連れて行くことが大切。

アジソン病の症状としては「無気力、食欲の損失、嘔吐、下痢」などが見られます。
ただし、このような症状が起こったとしても、他の病気が関係する場合もあるために、素人の判断ではなく、まずは動物病院で検査を受けることが重要です。

動物の健康を守れるのはまず飼い主の判断が鍵。
犬が病気やケガをした時、そばにいる飼い主さんがなるべく早く異変に気づいてあげることが大切になると思います。

どこに注目すればよいのかとういう状態は危険なのか、知っておくことも大切です。

犬は具合が悪い時でも、その素振りは見せないこともあります。
自然の動物特有のもので、自分が弱いところを見せることで、襲われる危険性があると反応し、強がってしまいます。

そのために、病気のサインは体のいろいろな部分に現れているために、普段とは違った異変に気づいたら、病院に連れて行って治療してもらうこと。

たとえば、目ヤニや耳アカが以上に出ていたり、鼻水が出ているのも異錠の一つです。
全身を触ってしこりがないかを確認したり、お腹が晴れていないかチェックする。

このちょっとした事ですが、やるかやらないかで、犬の健康管理をある程度把握することができるために、できることなら毎日のように行いたいもの。