ワンちゃんと一緒に楽しく、そして健康に暮らすために、人に移る病気もあることをある程度理解しておきましょう。

正しい知識を持ってしっかりと付き合えば、予防できるものがほとんどなので、必要以上に恐れずに、神経質にならないようにまずは、どのような症状があるかを理解すること。

動物から人に移る病気は「ズーノーシス(人獣共通感染)」といいます。

人にとってペットが大切な家族の一因として身近な症状になったこと、さらに、室内飼いによって物理的な距離も近くなって親密度が増える。ペットから病気が移るケースが増えているので、はないかとも言われています。

犬から人間に移る可能性がある病気として
「トキソカラ症状、皮膚糸状菌症、トキソプラズマ感染症、パスツレラ症」などがあります。

「トキソカラ症」
犬から排泄された海中の卵が、口から体内に入って感染。鳥刺しやレバ刺しからの感染も起こる一つの感染症です。

「皮膚糸状菌症」
皮膚糸状菌症というカビがはえる皮膚病で、菌を持っている犬との接触で感染。

「トキソプラズマ感染症」
犬の便の中や、生の豚肉や鶏肉など含まれるトキソプラズマという寄生虫が、口から火との体内に入ることで感染。どちらかと言うと、犬などの動物より、ナマニクが多いと言われています。

「パスツレラ症状」
主に犬に噛まれたり引掛r3得たりして感染する。

昔はそこまで犬から感染する病気は少なかったと言われていますが、現在は室内で犬を飼うケースが多いために、物理的に考えて距離が近いために、感染症が増えていると言われています。